XX PROJECT


■イベント概要

特別区画に収監され、奴隷として迫害され続けたモンスターたちがついに立ち上がった!

リベラ・エアハルトという少女をリーダーに、"アーベント=デンメルング収容所"内で暴動が発生。
逃げ出したモンスターたちは、各地に潜伏しながら、各収容所を解放して回っている。
おかげでトメニア国内は大混乱!
SS隊の指示で、トメニア国民総出でモンスターたちの捕獲に奔走するが……。

果たして、この騒乱の行方は!?




トメニア労働者党


■脱走者を捕まえろ!

ヒンケル総統の指令の下、党員・軍人総動員で治安維持のため、
『脱走者の確保、尋問、処刑』に奔走しています。

SS隊が現場の指揮を取り、その命令の下、各部署の者たちが動いています。

+記事を開く


「各部署」には、アプヴェーア、アーネンエルベ、国家保安部、国防軍など、現状出ている全ての組織が該当します。
既存キャラクターたちは、基本的にSS隊に命令されながら動くこととなります。
(特に公式から細かい指令は出しませんので、『自キャラはモブSS隊員にこう命令された』など自由に設定していただいて構いません。)

既存組織にとってのSS隊は、例えるならば『突然中小企業に現れて、横暴に振る舞う親会社の幹部』といった存在です。


しくじった者には罰が、成果を上げたものには褒美が待っています。
嫌いな相手を蹴落とすもよし、手柄を上げて一足先に昇進するもよし。
SS隊が気にくわないのでこっそりサボって通常業務をするもよし。
もちろん、祖国と総統閣下のために滅私奉公するのもよしです。

各自自由な判断で、世界の中心である、このトメニア第三帝国の治安維持に勤めてください。


 --- --- --- ---


■SSランクの解放に関して

現状の規約に関しましては、『 レーダーチャート改定に関して』 を一読ください。

規約上『SSランクの登録は不可』となっておりますが、
トメニア国内においては、『1人1キャラまで』『異能出力+異能耐久力の合計値60まで』のSSランクのキャラクターを登録可能といたします。
チート防止のため、『異能の反動で身体に負担がかかるデメリット』等を設定していただけるのが望ましいです。
出力、耐久の数値の割り振りはお任せいたします。
今回に限り、「出力15/耐久力45」などの割り振りも可とします。
(今回は試験的な導入です。不具合が起きるようでしたら、今後のSSランクの基準はまた再検討させていただきます。)

※他人を操作する能力、時間を操作する能力は禁止です。
 全員参加のイベントですので、一人で全て解決できるような能力もなるべく控えていただければと思います。

また、『親衛隊(SS隊)』は基本SSランクの集いであり、稀に優秀なSランクの者が混じっている組織となります。


 --- --- --- ---


■党員と軍人の違いって?

通称、『国家社会主義トメニア労働者党』。現実でいうナチスに相当する存在です。
ヒンケル総統を指導者とした、政治家の集いです。
銃を所持していても、軍服のような身なりをしていても、あくまで『政治家』です。
ですので、『党員』『官僚』などの肩書きとなります。

また、この国で最も権威のある集団が『労働者党』であり、それらの頂点に立つ組織が『SS隊』です。


『トメニア国防軍』は、文字通りの軍人です。
他国との戦争の際に体を張って戦う者たちです。
労働者党の方が権力を持っています
労働者党員、特にSS隊の者に命じられれば、『はい』以外の返事は許されません。

なお、アーネンエルベは公的な組織です。
形式的にはSS隊の傘下になりますが、『研究者』であり、党員でも軍人でもありません。


レジスタンス【緋色の咆哮】


■トメニアからの大脱走劇!

『仲間を助け出し、ブリテンへ亡命する』ことを目的に、
脱獄したモンスターたちは、各地に潜伏しながら、組織的に動いています。

不意をついて党員・軍人を倒し、各地の収容所を解放して回っており、その勢力は増すばかり。

+記事を開く


リベラという少女がリーダーとなり、【緋色の咆哮】という組織を名乗って動いています。
一収容者では知り得ない情報も相当掴んでおり、どうも国の上層部に協力者がいるようです。
また、少女一人で準備できる規模の反乱ではないため、何十年も水面下で密かに進められていた脱走計画のようです。


秘密裏に、ブリテンから【緋色の咆哮】へ豊富な物資支援も届いており、武器食料は十分です。

支給された主な武器は、軽くてかさばらず、怪しまれずに持ち込みやすい『魔法陣の描かれた紙』となります。
また、発動魔法に関しては各自自由に設定でき、所持枚数も制限はありません。
(ただし、発動者は魔法使いではない上、魔法陣も大量生産品なので、爆発魔法でも手榴弾をかなり下回る威力です。
その他の種類の魔法も、大した威力がなく、生身の人間に直撃しても、軽傷を負わせる程度です。
1枚1回の使い切り型で、あくまでも『ちょっとした護身具』となります。
発動条件は様々な種類がありますので、陣を破る、陣をなぞる、閉じた紙を開くなど、お好きなように描写してください。)



 --- --- --- ---


■アジト

上記が、メインで使われるアジトとなります。
国全体で起きている大規模な反乱のため、この他にも、トメニア中に多くのアジトが存在しています。


 --- --- --- ---


■レジスタンスへの内通者

トメニア党員/軍人でありながら、現在のトメニアに疑問を持っており、密かに【緋色の咆哮】に加担する人たちがいます。
彼らは表向きは従順なトメニア国民として動いていますが、水面下でレジスタンスへの協力を行なっています。
(党の作戦内容を横流ししたり、偽装の報告書を上げたり、レジスタンスを匿ったりなど、各自にできる範囲での行動となります。)

なお、これらの行為は非常に重大な国家反逆罪であり、発覚次第、尋問、拷問、処刑が待っています。
これらのリスクを承知の上でレジスタンスに協力する者は、【緋色の咆哮】のメンバーリストに各CSを登録してください。

※参加者の意図で『バレた』という設定にしない限り、レジスタンスへの加担は国に発覚しません。
最後まで隠し通せば、イベント後も引き続き、元の職場で過ごすことができます。
内通者同士は密かに顔見知り設定でも構いませんし、身元を隠すため、顔を隠し偽名で協力しても構いません。
最終的には、レジスタンスと共にブリテンへ亡命しても構いません。(公式からキャラクターの処遇を強制することは一切ありません)



 --- --- --- ---


■特別区画について

モンスターの収容所と、それに関係する各種施設を内包した地区を総括して『特別区画』と呼んでいます。

レジスタンスのキャラクターは、基本的に、一番最初に暴動の起きた、"アーベント=デンメルング収容所"に収監されていたという設定になります。
この収容施設は何十年も続いており、何世代ものモンスターがこの中で生まれ、外の世界を知らないまま死んでいます。

どこの収容所でも、集団虐殺などは行われていません。
あまり非人道的すぎる行動は、"国としては"行っていません。(看守や研究者"個人の行動"としての範疇では存在するようですが…)

男女で分けず、家族単位で暮らしており、団地の用な居住区です。
『特区から出られない』『強制労働をさせられる』『衣食住が配給制である』こと以外は、あまり大きな拘束はありません。
強制労働の内容は、(有事の際以外は)本人に向いている仕事が割り振られています。

交流のしやすさから、"アーベント=デンメルング収容所"出身であることを推奨していますが、その他の収容所の出身という設定も可能です。
施設内の雰囲気や、囚人服はどこも大体同じですが、何か特殊な設定をつけていただいても構いません。

なお、収容所の看守は『国家保安部』が務めています。


 --- --- --- ---


■収監服など


その色から、収容者は『オレンジ』という蔑称で呼ばれることがあります。
反逆の意志のある者を『腐ったオレンジ』と呼んだり、処刑することを『収穫した』と呼ぶなど。
創作のスパイスにお使いください。

※脱走後の衣装は自由です。軍服を奪い、軍人になりすましていても問題ありません。




基本的には、収容者はみな、左手の甲に逆三角形の焼印が押されます
(収容者か否かを簡単に判別するために『確認の容易な部位』として、左手の甲がデフォルトとなっていますが、顔、首、胸元、腰、舌など、好きな位置に焼印・刺青で入れていただいて構いません。
ただし、簡単に隠せてしまう場所の場合は焼印の意味がなくなってしまうため、『左手の甲の他にも、この部位に印がある』といった設定にしてください。)




イベント概要2


───という状況の中で、作品数によって、どちらの陣営が勝利するかを競うイベントです。
中間ミッションの際に、その時点で優勢の陣営が、その度合いに応じて一定の成果を得ます。

また、死亡描写も可能ですが、
『キャラクターロスト』は禁止ですので、実は生きていた・幽霊化・転生などの対応をお願いします。


■イベントの舞台
トメニア国内全土で同時に起きている騒動ですが、交流の観点から、
CS提出キャラクターの所在地は、基本的に、すべてトメニアの首都『ベルリン』を舞台とします。

--- --- ---

■開催助スケジュール

2/7 イベント概要公開 (当ページ)
2/15 中間ミッション1
3/15 中間ミッション2
3/31 エピローグ

※これらの日付は運営側の事情で多少前後する可能性があります。ご容赦ください。


■得点集計
1作品につき10ポイントずつ陣営に入ります。
すでにCSの出ているキャラクターも参加するため、CSはポイントに含めません。
参加キャラクター数に制限はありません。両陣営にキャラクターを出しても構いません。

※あまりにもどちらかの陣営に得点が偏りすぎた場合には、ポイント調整を行わせていただく可能性があります。


配布素材


■CS素材配布
トメニア党員・軍人CS
レジスタンス【緋色の咆哮】CS
 ※レジスタンスと内通している党員・軍人も、赤いCSを使用してください。

レーダーチャート
 SS:60〜56 / S:55〜50 / A:49〜36 / B:35〜21 / C:20〜2

トメニア労働者党章 双十字(ツヴァイクロイツ)
収容所烙印 逆三角


 上記の素材は、当イベント、および西京PROJECTの範囲内では自由に利用していただけます。


■関連リンク
トメニア第三帝国 詳細設定
グレート・ブリタニア及びエリン連合王国 詳細設定




協力


主催者:たまがわ
wiki管理・運営補佐:みきち
レジスタンスCS/収監服デザイン/アジト設定 作成:ふじみや
逆三角ロゴ制作:しば
トメニアCS/双十字ロゴ 制作:なちょめ
制服デザイン:八式シギ
ブリテン設定提供:もへじ


2style.net