学生

国立天照学院

1882年設立。
名家の者も多く通う、由緒正しき名門学校である。
幼等部、初等部、中等部、高等部を抱えるエスカレーター式の学院。
部が上がるごとに編入試験もある。
妖怪、人間、能力値が足りず西京学園に入れなかった亜人、の三種族が通っている。

独立行政法人永代特区研究機構理化学遺伝子学研究所特殊能力研究支援センター付属西京学園

通称「西京学園」。
1960年設立。
幼等部、初等部、中等部、高等部を抱えるエスカレーター式の学園。
NECTERの遺伝子学研究所が運営しており、教育機関の体はしているものの、「亜人の隔離」と「研究」を目的としている。
生徒は研究への協力が義務づけられている。
亜人強制隔離施設でもあり、学費を払う必要はない。
天照全国各地から呼び寄せているため、学校の傍に下宿用の学生寮がある。
寮は、能力ランクが高いほど部屋が広く新しくなる。SランクはVIP待遇、Aランクは小奇麗な一人部屋、Bランクはそこそこの二人部屋、Cランクは四人部屋である。
最低限の教養科目は行うが、授業の1/3は能力操作の実習や、耐久テストである。
能力のランクによってクラス分けされる。
毎年3月に行われる能力測定により、ランクが更新され、クラスが割り振られる。

西京大学

1877年設立。
天照一頭のいい大学としても有名。
内包する学部学科は以下の通り。
・法学部
 第1類(私法コース)/第2類(公法コース)/第3類(政治コース)
・医学部
 医学科(6年制)/総合健康科学科
・工学部
 社会基盤学科/建築学科/都市工学科/機械工学科/産業機械工学科/機械情報工学科/精密工学科/航空宇宙工学科/電気電子工学科電子情報工学科/物理工学科/計数工学科/マテリアル工学科/応用化学科/化学システム工学科/化学生命工学科/システム創成学科
・文学部
 思想文化学科/歴史文化学科/言語文化学科/行動文化学科
・理学部
 数学科/情報科学科/物理学科/天文学科/地球惑星物理学科/地球惑星環境学科/化学科/生物化学科/生物学科/生物情報科学科
・農学部
 応用生命科学課程/環境資源科学課程/獣医学課程(6年制)
・経済学部
 経済学科/経営学科/金融学科
・教養学部
 超域文化科学科/地域文化研究学科/総合社会科学科/基礎科学科/広域科学科/生命・認知科学科
・教育学部
 総合教育科学科
・薬学部
 薬科学科/薬学科(6年制)

学生自治団体

天照学院、西京学園が中心となって運営している、文京区の自治を目的とした非営利組織。
西京大学の生徒や、文京区にある他の学校の生徒も多く参加している。
会長は伽藍堂眞友が務めており、その補佐に鳳輦寺秘臣があたっている。
文京区にある学校に籍を置く学生ならば誰でも参加が可能。
仕事内容は、迷子の猫探しから祭りの運営まで様々である。
元々は七十年前の荒川デモの際に立ち上げられた、学生運動の組織である。
時折特高警察の視察が入る。
自治体参加者には腕章が配布される。

特別高等警察

宮内庁直轄、大和神王の指揮によって動く秘密警察である。
西京都西京市においては、通常の警察の仕事も特高がこなしており、絶対的存在である。
西京において、唯一(合法的に)銃を所持することができる役職。

地域保安課

 街のパトロールが主な仕事。俗にいう『お巡りさん』。
 違反切符を切ったりもする。

検閲課

 出版物に反社会的内容がないかを検閲するのが主な仕事。
 問題がなければ出版許可を出し、問題があった場合には該当する課へ案件を引き渡すことになる。

秘密情報課

 秘密情報を扱う。暗号解読、潜入捜査、聞き込み捜査などの諜報活動が主な仕事。
 「天照のMI6」とも言われており、「票読み一つ誤らない」と恐れられる緻密さを持ち、銭湯の冗談まで筒抜けになるとの噂がある。

通信指令課

 110番通報を受けたり、無線を使い警察官、パトカー、ヘリコプター等を指揮・運用するのが主な仕事。

特別高等警察第一課

 殺人、放火等の社会に大きな不安を与える凶悪事件や、ひったくりや侵入盗を始めとする窃盗事件のほか、
 略取誘拐、人質立てこもり事件や航空機・列車事故などの特殊事件等の捜査に関する事務を担当しています。

特別高等警察第二課

 贈収賄事件や選挙違反事件、偽計入札妨害・談合事件、金融関係犯罪等のほか、振り込め詐欺等の各種知能犯罪を担当する部署です。

特別高等警察第三課

 スリ、空き巣、ひったくりなど、身近で起きる窃盗事件などを捜査します。

特別高等警察第四課

 恐喝や薬物、賭け事などの暴力団による犯罪捜査や総合対策を行うほか、総会屋などの組織的な捜査も行います。

鑑識課

 現場に残された証拠資料の採取や鑑定が主な仕事。
 法医学・化学・心理学等の知識・技術を応用し、指掌紋、足こん跡、現場遺留物、写真、DNA鑑定、犯人の似顔絵を作成、警察犬を使っての犯人追及などを行います。

機動捜査隊

 現場での犯人検挙や張り込み、聞き込みなどの初動捜査、追跡捜査を覆面パトカーの機動力をフルに生かしながら行います。

荒神一族

政界への介入を目的として、各業界からコネを集めるために、エキスパートを集め、疑似家族を作ったのが始まりである。
荒神家の設立は1943年。初代当主は荒神**。
一芸に秀でた者を集めており、カリスマ集団として尊敬される面もあり、荒神へ勧誘されることは一流の証ともされている。
能力のみを重視しているため、荒神にはサヴァン症候群の者も多く存在する。
荒神入りの際に、鬼籍である初代当主との婚約届けを出す決まりになっており、荒神から抜けること、結婚や出産などが一切禁止されていることなど、気味の悪い一族としても有名。
性別関係なく全員が初代当主の嫁であり、すなわち未亡人である。
婚姻の際に現当主から黒の結婚指輪を渡され、それが荒神一族の証となる。
指輪は左手薬指に付けること。他の場所でもいいが、『指輪を必ず身に付けること』。
指輪をなくした場合、見つけ出すまで家へ帰ることができない。

既に結婚しているため、他の家の者と結婚することはできないが、『愛人』を作ることは許されている。

大和三年現在、生存する荒神一族は百七人である。死者を含めると一千人にものぼる。
荒神入りした順番が、荒神家での序列となる。実年齢に関わらず、先に入った者が兄であり姉となる。
しかし、あまりにも人数が多いため、順番を覚えきれず、名前で呼び合っている者も多い。

千代田区に巨大な洋風邸宅を一つと、二十宅の離れを所持しており、百七人ほぼ全員がそのいずれかで生活している。
なお、当主の許可を得なければ家を出ることはできず、仕事上の都合などでなければ許可は下りない。
外泊は可能。

次の当主は現当主の意思でのみ決まる。荒神一族への忠誠度、貢献度、引率能力などが参考にされる。

椿組(極道)

台西区に根を張る指定暴力団。
表向きには貴金属と宝石を取り扱っている貿易商である。
「蝶の様に儚く華麗に生きよ」という意味で揚羽蝶の家紋を掲げている。
四代目総長は九葉都。
総本家の構成員は約200人で、西京外にも傘下の組織がいくつも存在する。
「一般人に迷惑を掛けるな」という鉄の掟があるが、裏の人間には容赦をしない。
その勢力の大きさ故に、特高警察もうかつには踏み込むことができない。
有事の際の合い言葉は「木に春は椿」。
構成員には、家紋の描かれたプラチナバッヂが与えられる。

どの役職の者も、有事の際には戦闘を行う。

若頭

 次期総長。1名。

若頭補佐

 若頭を補佐する。複数名可能。

顧問

前の代で組に多大なる貢献をし、現在も現役を務める長老。複数名可能。

舎弟頭

 舎弟衆のリーダー。かなりの発言力を有する。1名。

舎弟頭補佐

 舎弟頭を補佐する。最高幹部の一角でもある。複数名可能。

舎弟

 先代より組に貢献してきたベテラン。複数名可能。

幹部

 若手ベテランの分け隔てなく重要な役職が与えられている。ここから次期若頭が選ばれる。複数名可能。

総本部長

総本部の責任者であり、本部に流れてくる金の管理を行っている。1名。

渉外委員

 貴金属、宝石など表の仕事をはじめ、武器や薬物の取引なども行う。複数名可能。

懲罰委員

 組織内の秩序を乱した者に懲罰を与える役割を持つ。複数名可能。

独立行政法人永代特区研究機構(NECTER)

西京市永代区にある研究施設地帯の総称。
大小併せて55もの研究所が存在する。
理化学研究所を中心に、東京進出を目論む過激派、それを止めたい穏健派の対立が続いている。

理化学研究所

物理学、化学、工学、生物学、医科学など基礎研究から応用研究まで行なう自然科学の総合研究所。
遺伝子学研究センターもこの中に内包されている。
遺伝子学研究センター職員の中には、西京学園の教師も兼任し、データ採取を行っている者もいる。

産業技術総合研究所

「環境・エネルギー」「ライフサイエンス」「情報通信・エレクトロニクス」「ナノテクノロジー・材料・製造」「地質」「標準・計測」の6分野を主軸に、天照の産業のほぼ全分野を網羅している。

環境研究所

地球環境問題、廃棄物の総合管理、化学物質等の管理、自然環境の保全と利用、環境の総合的管理、開発途上国の環境問題、環境問題の解明・対策のための監視観測などに取り組んでいる。

その他の研究所

芸術研究所、文化財研究所、情報通信研究所を始めとした様々な研究所が存在する。
参加者さんが各自好きな研究所を立ち上げてもらっても構いません。

その他永代区での就業者

研究所内には宿泊施設、食事施設などが存在する。
検問、清掃などを行う用務員も大歓迎。

2style.net