第貳回公式イベント『西京湾の幽霊船』





イベント概要

これまで西京都内に海水浴場は存在しませんでしたが、民間団体『西京湾海水浴場復活プロジェクト』の熱心な活動により、西京湾に面した『葛東臨海公園』が百年ぶりに海水浴場として開かれることとなりました。
しかし、海開きの7月1日。
神主による神事の最中、突然現れた巨大な幽霊船に乗る謎の幽霊によって関係者三十名が病院送りにされるという事件が起こり、開放は延期。
それを受け、特別高等警察は幽霊船駆除のための特別編成チームを結成。
葛東臨海公園を中心として、7月2日〜7月9日の一週間、西京湾に張り込むことになりました。


※葛東臨海公園は封鎖されており、中には特別高等警察官と一部の関係者しかいません。
※張り込み5日目である7月6日までは何も起きません。7月7日以降については後述します。


作品の制作は任意です。
イベント期間は7/1〜7/31の丸一ヶ月間ですが、期間後の作品制作も大歓迎です。
説明に書かれていない部分に関しては各自自由に設定してください。




特別編成チームに参加するには

特別高等警察官ならば部署を問わず誰でもチームに参加することができます。
見回り以外ほとんどすることがないため、自由時間は海で遊んだり、花火やバーベキュー、肝試しなどを自由に楽しんでください。

服装は制服でも私服でも構いません。
チーム参加者には特別給金が出ます。
臨海公園から徒歩三分のシーサイドホテルを貸し切っており、個室か二人部屋、好きな方を選ぶことができます。
二人部屋の場合は、同室の人をそれぞれで話し合って決めてください。
特別な事情がない限り、いつ幽霊船が現れても対応できるように、西京湾付近からは離れないでください。
チーム参加者には特別なお札が渡されており、悪霊の攻撃をある程度防ぐことができます。効果は気休め程度です。



見回りについて

見回りのペアは各自自由に決めてください。毎回違う人とでも構いません。
臨海公園が中心ですが、西京湾全体を見回るため、常に三組以上のペアがそれぞれ違う場所で見回りを行っています。
見回りの頻度は一日に二回程度です。24時間体勢で見回りを行っています。
必ずペアで一つは無線を所持してください。
何かあれば即座に全員に連絡を回してください。



その他

夏の海なので、問題の幽霊船以外にも様々な幽霊が出ます。
各自自由にエピソードを考えてもらってかまいません。



特別高等警察以外のキャラクター

臨海公園は閉鎖されていますが、特別高等警察官は割と暇してます。
顔見知りが遊びに行けば、ある程度迎え入れてくれるかもしれません。





















7月7日以降のエピソードは7月中旬に投下予定!











2style.net