第参回公式イベント『荒神帝国』


あらすじ
荒神雷蔵の記憶の中から鮫島事件のヒントを得ようと考えた緋門解良は、ダイレクトセラピーの薬を用いる。
患者に服用させ、『夢の中に入り込む』という形で、医師が患者の心を直接覗き見る薬である。
しかし、外科医である緋門解良にとってはまったくの専門外の薬であったため、うっかり多量摂取させてしてしまう。
そして荒神雷蔵の夢は、緋門解良だけではなく、西京全土を飲み込むこととなり………。

気が付けば三年の時が過ぎていた。
2015年に勃発した第三次世界大戦により世界中が深く傷つき、ある国は崩壊し、またある国は無法地帯と化していた。
出雲宮弥栄亡き後の天照神国では、荒神雷蔵が国の全権を掌握し、独裁政治を行っていた。
荒神一族は『王族』として人々の上に君臨し、圧政を敷き、邪魔をする組織は次々と潰されていった。
特別高等警察も一度完全に解体され、『荒神にとって都合の良い者』だけを残した、荒神の私兵に変えられていた。
一般市民は、荒神一派の非道な行いを黙って見ているより他にないのだろうか?……
否。
特高の残党を中心とした、『反荒神勢力』が、荒川城砦に潜みながら、そっと反撃の機会を待っていたのであった。
極悪非道な荒神一派を打ち倒し、天照神国に自由と平和を取り戻すために!

---

『荒神IFルートの未来で闇落ちしたり戦ったりしようぜ!』というイベントです。

誰もこれを夢だとは気付いておらず、現代から、この荒廃した世界に至るまでに、各自様々なエピソードがありました。
なので、『'14ではこんな立場だったが、今はこういう理由でこういう立場』というのを自由に設定でき、従来敵同士のキャラが共闘したり、仲間同士だったはずのキャラが戦ったりできます。
すべては夢なので、今回のイベントで何をしても現実にはまったく影響されません。
いつも以上に好きなように動いていただければと思います。


夢の世界について

+記事を開く


夢の中の世界観
・2017年
・街は荒廃し、暴君が国を牛耳る暗黒の時代
・第三次世界大戦は各国痛み分けに終わり、現在の天照神国はほぼ鎖国に近い状態
・東京を植民地化し、主にそこからの物資で人々の生活は成り立っている
・市民には重い税が課せられている
・あちこちで闇市などが開かれるも、荒神一派に見つかれば没収されてしまうため、人々の生活は貧しい
・荒神一派はこれでもかというほど贅沢の限りを尽くした生活をしている
・これまでにいくつもの反荒神勢力が殺され潰されてきた
・荒川城砦に潜む者たちが、最後の反荒神勢力である
・西京'14にあった組織は全て残っている

夢と現実について
・西京都のほぼ全員が荒神雷蔵の夢の中へ引き込まれている
・現実世界では、引き込まれた者全員が眠っている
・稀に夢に引き込まれなかった者もおり、そういう者は、夢の中では『2017年までに死んでしまった』という扱いになっている
・夢を見ている者は、誰一人これが夢だと気付いていない
・これが夢だと気付くか、夢の世界で死んでしまうと強制的に夢の世界から消え、現実世界で目を覚ます
・皆の目を覚まさせるためには、夢の主である荒神雷蔵に、これが夢だと気付かせるか、あるいは殺すしかない
・荒神雷蔵が目覚めれば、この夢は終わり、夢に引き込まれた全員が目を覚ます

荒神雷蔵の望みが反映された夢であり、来るかもしれない未来の一つでもあります。
目覚めてから、荒神政権に不安を持ちはじめるのも良いと思います。
また、目覚めてからの夢の記憶は『完璧に覚えている』〜『ほぼ忘れている』まで、各自自由に設定してください。

キャラクターの死亡について
今回のイベント内でのみ、キャラクターの死亡が解禁となります。
『既に死んでいる』、『イベント中に死んだ』、どちらも大歓迎です。
夢の世界で死んでも、ただ『目が覚めるだけ』です。企画からのキャラロストにはなりません。
気軽に殺し合いを楽しんでいただければと思います。


荒神一派について

+記事を開く


天照神国の『国王』を名乗る荒神雷蔵を中心に、『王族』である荒神一族、それに仕える者たちから成り立っています。
行いは非道ですが、ここに属していれば甘い汁が吸えるため、『市民を踏みにじってでも優雅な生活をしたい』という考えの者が多く集まっています。
NECTER過激派など、荒神雷蔵に協力していた者たちは、高官として良い暮らしが与えられています。
要するに『ものすごく悪役』です。

再編した特別高等警察は、荒神の私兵として、日々非道な行いをしています。
元々特高だった者がそのまま残っていたり、以前は別の職業だったが再編後に特高として働いていたり、各自好きに設定していただけます。
また、新たに『荒神親衛隊』という部署が設けられており、その中でも『一般親衛隊』と『武装親衛隊』に別れています。

荒神一派の目的は、『この生活の維持と、ますますの繁栄』です。

荒神一派のリードキャラクター
荒神雷蔵、荒神マオユミ、緋門解良(荒神解良)、ノルニル・ニーア


反荒神勢力について

+記事を開く


再編の時に特高から抜けたもの、外されたもの、元の職業には関係なく荒神のやり方に反対する者たちが集まり、荒川城砦に潜んでいます。
19歳になった鳳輦寺秘臣が彼らを率いており、荒神一派を打ち倒し、元の平和な世界を取り戻そうとしています。
『正義の心を持った革命者』たちです。

新特高は定期的に『反荒神』狩りを行っており、反勢力は、新特高の者と戦っています。

大阪帝国の黒牙會も荒神のやり方に反感を抱いており、定期的に反勢力に武器や食料を送ってくれています。
ただし、荒神一派は『今は大阪の自治を黒牙會に任せてやっているが、大々的に敵対行動を取るのならば全力で潰す』という態度を取っており、大阪市民の安全のためにも、黒牙會は大きな行動は取れません。

反荒神勢力の目的は、『荒神独裁体制の崩壊と、平和な世界の再建』です。

反荒神勢力のリードキャラクター
鳳輦寺秘臣、きさらぎ電鉄、袈座宮遊鶴、物集女千豊


作品数バトルについて

+記事を開く


今回のイベントでは『作品数バトル』形式を取ります。
『荒神一派』と『反荒神勢力』に別れて、世界の命運を賭けて戦います。
作品1つにつき10ポイントで、ポイントの多い方の組織が勝利です。
負けた方の組織は壊滅となります。
(あくまで夢の世界での話なので、どちらが勝っても現実的に大きな影響は出ませんが)
※どちらにも属さないキャラクターの作品制作も大歓迎です。

集計期間は2014/7/5〜2014/8/25 23:59です。
これを過ぎますとポイントにはなりません。
※ポイントにはなりませんが、期間後の作品投稿も大歓迎です

※バトルをしている作品でなくとも、どちらかの組織を舞台・題材にしているのであれば『作品ポイント』に加算しますので、自宅作品・通常交流などもwikiに登録していただいて構いません。


キャラクターシートについて

+記事を開く


今回は専用キャラクターシートはありません。
『キャラクターシートの提出を促すイベントではない』ということです。

容姿の資料を出す場合
西京'14から三年経っていますので、容姿に変化もあるかと思います。
容姿資料は、ラフでも何でも構いませんので、もし作成しましたら、wikiのリストにURLを追加してください。

容姿の資料を出さない場合
出さなくても構いません。
ただし、容姿の資料のないキャラクター(特に、容姿に変化のあるキャラクター)の場合、良識の範囲内で、他の参加者が自由に容姿を想像、描写していいものとします。

キャラクターシートを作りたい場合
作っていただいて構いません。
キャラクターシートは通常のものを使ってください。
容姿資料と同じように、キャラクターシートへのリンクを貼ってください。


その他

+記事を開く


■お借りしたキャラクター(敬称略/登場順)
 ・荒神聡子
 ・荒神安芸
 ・雪三綾
 ・雪綾鷹

※イベント導入漫画は、お借りしたキャラクターの立場、行動などを制限するものではありません。
 不都合がありましたら導入漫画はパラレルとして扱ってください。

2style.net