コッペンパ  ツキシマ 

2011年1月頃
はじめて色を塗って完成させたモノ
作り始めは

きまぐれオレンジ☆ロードの檜山ひかるちゃんを作ろうとはじめたものの似せることができなかったためにオリジナルに移行していった。
どの時点で放棄したかは覚えていないが歯と髪の毛のボリュームに努力の名残がある。
制作の順番は顔⇒頭部前⇒頭部後⇒体であいだあいだ焼いていった。
体の時点ではほとんど投げていたので勢いだけで作ったが、一番気に入っているところでもある。
時間がかかったのが頭部の凹凸を埋める作業、溶きパテを何回もぬりぬりしてサーフェイサーで確認を繰り返した。
表面処理も怠けてサフでならせばいいくらいにおもっていたので時間だけがやたらとかかってしまった。
シタデルカラーの練習台として塗ったものだが、完成させてみると意外に愛着がわいた。
反省点としては鼻の位置がした過ぎた。
作っているときにはまったくもって何がおかしいのかわからなかったが一応の完成をさせると、
作品が手から離れるのか冷静に観察することができる。

2style.net