中学受験
最低偏差値からの挑戦


メニュー
■基本生活改善
@生活の改善


A勉強スタイルの改善


B親の態度改善


C反抗期をうまくかわす




■勉強方法改善
国語
  漢字の習得方法


■塾
反抗期をうまくかわす


反抗期は、どんな子供でも起こります。
反抗期がないと、子供も成長はしません。
しかし、反抗期の時が、中学受験と重なる為、慎重に対応をしないと受験合格は難しくなります。

子供の反抗理由の多くは構って欲しいだそうです。
一度、腹を割った話をするのも効果てきです。
さらに、何か親子で行うのも効果てきです。

うちの場合は、
親子で山に登りに行く。
一緒に料理をする。
など、普段親子でできないことを一緒にすることで、理解を深めました。

自分は必要なんだ。
という事が、子供自身わかれば、儲けものです。

とにかく、人それぞれ反抗理由は違うと思いますが、
何について反抗しているか?
を分析して、反抗理由を無くす努力を親子で行いましょう。

物を壊す、暴れるなど暴力行為が目立つ場合は、専門のカウンセリングを受けることをお勧めします。
この様な状態では、テストはできても面談は難しいです。

ぜひ、反抗期をうまくコントロールする事が親にとって必要急務といえます。
2style.net