ハイドロキノンの効果

ハイドロキノンは美容皮膚科でも使用する、肌の漂白剤と言われる成分です。現在、美容皮膚科で使われる塗り薬としてはハイドロキノンが最高と言われています。

ハイドロキノンは主にシミ・くすみ治療に使われる成分で、メラニン生成の原因となる「チロシナーゼ」という物質に働きかけてメラニン生成を抑える効果がえられますので色素沈着症や老化した肌などに使われます。

ハイドロキノンは日本国内では毒物として指定されていて、高濃度(2%以上のもの)を使うと顔が腫れあがったり炎症を起こしてしまう可能性がありますので、ハイドロキノンの粉末を自分で使うことや医師以外の人が使用することは大変危険ですので止めましょう。薬事法で定められているハイドロキノンの濃度は5%以上のものに関しては医師の処方箋が必要です。

ハイドロキノンは濃度が高いほど効果は得られますが、始めは濃度の低いものを使用して効果を見て、徐々に濃度を上げていくようにしましょう。ハイドロキノン入りの化粧品の濃度は2%~4%のものが主流ですので始めは化粧品を使用することをおススメします。

ハイドロキノン濃度が1.9%でも4%濃度と同等の効果を得られる化粧品⇒究極の美白クリーム「ホワイトニング・クリーム」

ハイドロキノン・クリーム

Copyright © 2009 ハイドロキノンの効果~シミやくすみにお悩みの方は必見!· All Rights Reserved·
2style.net